ドラマ

ギヴン(ドラマ)キャスト相関図一覧を紹介!実写化にファンの反応は?

ギヴン(ドラマ)キャスト相関図一覧を紹介!実写化にファンの反応は?
Pocket

漫画やアニメで人気の『ギヴン』が今回実写ドラマ化されるのをご存知でしょうか?

そこで今回は「ギヴン(ドラマ)キャスト相関図一覧を紹介!実写化にファンの反応は?」と題してお届けします。

『ギヴン(ドラマ)』で一番気になるところは、キャストと相関図一覧ですよね。

こちらを詳しく調査していきます。

さらに実写化にあたってファンの反応も集めました。

どうぞ最後までお楽しみください!

 

ギヴン(ドラマ)キャスト相関図一覧を紹介!

ついに実写ドラマ化!と言われている『ギヴン』とはどんなドラマなのでしょう?

先ずはドラマ『ギヴン』について紹介します。

 

ドラマ『ギヴン』とは?

『ギヴン』の原作は、キヅナツキさんが描いた漫画です。

ロックバンドのメンバーを中心にして描かれる青春BL(ボーイズラブ)漫画になっています。

原作の漫画は2013年から連載が始まり、今も継続中です。

2019年には、TVアニメ化。

2020年にアニメ映画化され、話題になりました。

そして今回、満を持して実写ドラマ化されます!

 

監督・脚本は三木康一郎さんです。

 

(ドラマ)『ギヴン』キャスト相関図一覧

今回ドラマ化される『ギヴン』のキャスト相関図一覧は、調べましたが出てきませんでした。

残念ながら相関図一覧は、まだ発表になっていないようです。

引き続き調べて、分かり次第お伝えします。

どうぞお楽しみに!

ここからは『ギヴン』の原作から、あらすじを紹介します。

 

『ギヴン』のあらすじは?

高校生の上ノ山立夏(うえのやま りっか)は、バンドでギターを担当しています。

ある日学校で佐藤真冬(さとう まふゆ)が持っていたギターの弦を張り替えたことがきっかけで、ギターを教えてほしいと頼まれます。

はじめは渋っていた立夏ですが、真冬の天才的な歌声を耳にしてから考えが変わり、中山春樹(なかやま はるき)や梶秋彦(かじ あきひこ)と組んでいたバンドに真冬を誘います、ところが断られてしまいます。

そんな真冬に対する好意を自覚する立夏でしたが…

漫画やアニメを実写化する場合は、世界観が大切ですよね。

主要登場人物のキャスティングは、漫画やアニメのイメージを壊さないためにとても気になります。

ここからは発表になっているキャストをお伝えします。

 

 

主要キャスト4人は、原作やアニメの雰囲気に合ったイケメン揃いです!

楽器を猛練習して撮影に臨んでいるそうです。

バンド演奏は、ドラマの見どころの一つですね!

 

上ノ山立夏役:鈴木仁

 

上ノ山立夏をドラマで活躍中の鈴木仁さんが演じます。

上ノ山立夏はバンドの中でギター担当です。

原作でのキャラクタービジュアルはこちら。

 

 

高身長の鈴木仁さんは、とても絵になりますね。

こちらは鈴木仁さんのコメントです。

 

自分が主演という自覚ももちろん持ちながら、でもこのドラマはthe seasonsというバンドがメインという気持ちで臨みました。言葉に表せない、自分でも理解できない気持ちが音楽によって表れてしまうという部分は見所です。大人の意見はなく、大人になりきれてない大人と子供の狭間に生きる4人が自力で答えを見つけ出そうとするこのストーリーをお楽しみください!

引用:https://www.anemo.co.jp/movienews/japanesedorama/given_04-20210526/

 

バンド演奏シーンに力を入れているようですね。

 

佐藤真冬役:さなり

 

佐藤真冬役を演じるのは、18歳のラップアーティストさなりくんです。

佐藤真冬はバンドの中でヴォーカル担当です。

 

 

繊細そうな表情で歌がうまい!さなりくんにピッタリの役ですね。

こちらは、さなりくんのコメントです。

 

撮影自体もなにもかも初めてで分からないことが多く、最初は不安もありましたが、共演者の方々やスタッフの皆さんの支えがあり、一つ一つ自分のペースでお芝居することができました。真冬の人に感情を伝えるのが下手なキャラクターに共感できる部分が多く、そのままの気持ちで演じることができたのでぜひ注目してごらんいただきたいです。

引用:https://www.anemo.co.jp/movienews/japanesedorama/given_04-20210526/

 

真冬に共感しながらの自然な演技が見どころです。

 

梶秋彦…井之脇海

 

バンドの中で一番モテる梶秋彦は、井之脇海さんです。

梶秋彦はバンドの中でドラム担当です。

原作のキャラクタービジュアルはこちら。

 

 

井之脇海さんのコメントです。

 

秋彦のクールさとその奥にある優しさに、いつの間にか惚れていました。撮影中は『この秋彦は、自分が惚れた秋彦なのか?』と自問自答しながら演じました。ドラムにも初挑戦しました。みんなでスタジオに入って練習をしたり、空き時間に曲の確認をしたり、まるで本当のバンドのようで、その雰囲気が演奏シーンに滲み出ていると思うのでぜひ注目していただけたらうれしいです。

引用:https://www.anemo.co.jp/movienews/japanesedorama/given_04-20210526/

 

クールで優しいなんて、みんな惚れてしまいますよね。

初挑戦のドラム演奏は必見です。

役に合わせて金髪にしたそうです、今までのイメージから一変これは楽しみですね。

 

中山春樹役:栁俊太郎

いちばん年上で面倒見がいいバンドのリーダー、中山春樹を栁俊太郎さんが演じます。

中山春樹はバンドの中でベース担当です。

 

栁俊太郎さんは、映画『 弱虫ペダル』にも出演して話題になりました。

栁俊太郎さんのコメントです。

 

狭い世界で色々な感情が入り乱れ、とても繊細な感情を扱ったドラマになったと思います。その感情を各々が楽器や声にのせて奏でる音楽もとても魅力的です。ぜひ皆さんにご覧いただきたいです。

引用:https://www.anemo.co.jp/movienews/japanesedorama/given_04-20210526/

 

4人のバンドメンバーの2組の恋が描かれて、それぞれの感情が交錯します。

繊細な演技がドラマの見どころですね。

 

実写化にファンの反応は?

 

ここからは、実写ドラマ化『ギヴン』へのファンの声を集めました。

 

楽しみにしていると好意的な意見が多かったです。

一部のファンからはキャスティングを不安視する声も…

 

 

原作やアニメの世界観を大切に実写化してほしいですね。

ストーリ―も大切ですが、雰囲気を壊さないでほしいファンが多いようです。

 

まとめ

今回は「ギヴン(ドラマ)キャスト相関図一覧を紹介!実写化にファンの反応は?」と題してお送りしてきました。

『ギヴン(ドラマ)』のキャスト相関図一覧は、まだ発表になっていないようです。

引き続き調査していきます。

メインキャストは発表になっています。

  • 上ノ山立夏…鈴木仁
  • 佐藤真冬…さなり
  • 梶秋彦…井之脇海
  • 中山春樹…桝俊太郎

実写化でファンの声には、期待と不安が入り混じっていました。

それだけ原作やアニメのファンは、作品へ愛をもっているのでしょうね。

興味のある方は、是非7月から『ギヴン(ドラマ)』をご覧ください!