映画

嘘喰い(映画)ひどいしヤバい?実写化キャストやセリフの違いにファンの声は?

嘘喰い(映画)ひどいしヤバい?実写化キャストやセリフの違いにファンの声は?
Pocket

人気漫画を原作に持ち、話題を集めている映画「嘘喰い」。

そんな映画「嘘喰い」の実写化が物議をかもしているのをご存知ですか?

嘘喰いがひどいしヤバい?セリフが全然違う?ファンの声を集めてみましたよ。

「嘘喰い(映画)ひどいしヤバい?実写化キャストやセリフの違いにファンの声は?」と題してお届けしていきます。

 

嘘喰い(映画)ひどいしヤバい?

2022年2月に公開が予定され、話題を集めている映画「嘘喰い」。

まずは映画「嘘喰い」について、ご説明していきますね。

 

「嘘喰い」ってどんな映画?

「嘘喰い」は、迫稔雄さんによる原作漫画をもとにした作品です。

 

 

ギャンブルを題材とした作品で、さまざまな種類のギャンブルやゲームが取り上げられ、頭脳戦を繰り広げるというお話。

映画化では以下のキャストが出演することが、明らかになっています。

  • 斑目貘:横浜流星
  • 梶隆臣:佐野勇斗
  • 目蒲鬼郎:本郷奏多
  • 切間創一:櫻井海音
  • 鞍馬蘭子:白石麻衣

豪華すぎますよね♡

ビジュアルの完成度が高そうなキャストばかりですが、実は「嘘喰い」の実写化が「ひどい」「ヤバすぎ・・」という意見があるそうなんです!

 

嘘喰い(映画)ひどいしヤバい?

まずは「嘘喰い」の実写化が「ひどい」「ヤバい」の声をご紹介します。

 

 

なかなか皆さん、辛辣ですよね・・・

キャストに対しても、イメージと違うの声があるようですね。

 

 

また、中にはこんな声も・・・

 

 

このツイートに限らず「決めセリフが違う!」との意見がいくつか見られました。

キャストやセリフに違和感を感じた方が、多いようですね。

キャストやセリフの違いに関しては、次のご紹介していきます。

 

実写化キャストやセリフの違いにファンの声は?

まずは映画「嘘喰い」のキャストに対する声をご紹介していきます。

 

「嘘喰い」キャストにファンの声は?

「嘘喰い」キャストに対しては、以下のような声が寄せられました。

 

 

「キャストが若すぎる」「イメージと違う」との声が多数ありました。

また、一方ではこんな声も!

 

 

漫画原作映画の実写化に定評のある本郷奏多さんに、期待の声が挙がっているようですよ!

 

 決めセリフが違う!?

映画「嘘喰い」の決めセリフが「原作と違う」との声が挙がっているようでした。

映画「嘘喰い」の決めセリフが以下の通りです。

映画の決めセリフ
  • 「嘘つくと、死ぬよ」
  • 「あんたの嘘、俺が喰ってやるよ」
  • 「約束通り喰ってやったぜあんたの嘘。ただし味は…」

そして漫画「嘘喰い」の決めセリフが以下の通り。

漫画の決めセリフ
  • 「あんた嘘つきだね」
  • 「嘘つくと食べるよ」

うむむ・・・

ニュアンス的にもあまり変わらない気がするのですが、むしろなぜ変えたんでしょうか??

ちなみに、「あんた嘘つきだね」は映画でも使われています。

しかしなぜか最初に出たビジュアルでは「嘘つくと死ぬよ」が採用され・・・

 

 

話題になったようですね。

決めセリフが変わったことに関しては、次のような意見がありました。

 

 

原作ファンが多い作品だからこそ、さまざまな意見が多いようですね。

 

まとめ

「嘘喰い(映画)ひどいしヤバい?実写化キャストやセリフの違いにファンの声は?」と題してお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

映画「噓喰い」のキャストや決めセリフの違いに関して、「ヤバい」、「ひどい」とのファンの声が色々ありましたね。

ですが、これだけ実写化が話題になるのも、原作ファンが多いからこそ。

映画の方は実際に見ていないと何とも言えないので、公開を楽しみに待ちたいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。