ドラマ

卒業タイムリミットの最終回ネタバレ犯人は誰?あらすじも原作から紹介!

卒業タイムリミットの最終回ネタバレ犯人は誰?あらすじも原作から紹介!
Pocket

2022年4月からNHKドラマで放送予定の「卒業タイムリミット」。

舞台や映画、ドラマで活躍中の井上祐貴さん主演の青春ミステリーです。

ドラマ予告が放送されたこともあり、早くも話題になっていますね!

卒業タイムリミットのネタバレあらすじが気になる!

最終回はどうなるの?犯人は誰?とっても気になりますよね。

そこで今回は「卒業タイムリミットの最終回ネタバレ犯人は誰?あらすじも原作から紹介!」と題してお届けしていきます。

どうぞ最後までお楽しみください!

 

卒業タイムリミットの最終回ネタバレ犯人は誰?

2022年4月から放送予定の「卒業タイムリミット」。

NHKの夜ドラ第1弾として登場します。

ツイッターで「夜ドラ」とアピールされていたので何のことかと思いましたが、なんと15分ドラマなんですね!

これは展開が面白そうです。

さっそく最終回ネタバレを調査していきましょう。

 

卒業タイムリミットってどんなドラマ?

卒業タイムリミットは、卒業式を3日後に控えた欅台高校が舞台です。

生徒に人気の英語教師が誘拐され、主人公の黒川良樹(井上祐貴さん)の元に差出人不明の挑戦状が届きます。

挑戦状には「誘拐の謎を解け。真相は君たちにしかわからない」と書いてあります。

挑戦状は黒川だけではなく、サッカー部の荻生田隼平、校内ミスコングランプリの小松澪、黒川の幼なじみの高畑あやねにも届いていました。

なぜこの4人が選ばれた?

不審に思う4人ですが、徐々に誘拐された英語教師の別の顔が明らかになっていきます。

また、集められた4人の生徒たちがそれぞれ問題を抱えていたことも明らかになっていく、という青春ミステリーです。

(参考:NHK 卒業タイムリミット)

ツイッターではキャストに期待する声がとても高まっています。

特に理事長役のキスマイ北山宏光さんは大人気!

1話15分のドラマで誘拐から解決までがどのように繰り広げられていくのか、とても楽しみですね。期待が高まります!

 

卒業タイムリミットの最終回ネタバレ犯人は誰?

卒業タイムリミットのネタバレ、最終回、そして犯人は誰なんでしょうか?

原作小説から考察してみましょう。

誘拐されていた英語教師は黒川たち4人によって無事に発見されます。

なんと場所は高校の音楽室。

そしてついに犯人にたどり着きます…犯人は、理事長の小菅泰治でした。

警察に連行される前に小菅理事長は4人に向かって犯行の動機や、過去の出来事について語ります。

そして延期されていた卒業式の日。

退院した黒川の母も見守る中、無事に卒業式を終えたのでした。

ドラマでもおそらく同じ展開になるのではないでしょうか。

挑戦状を送り付けられた4人の抱える悩みや苦しみ、黒川と理事長の関係、誰にも心を開かなかった黒川の心境の変化などはドラマでどう表現されるのでしょうか。

また、ドラマだけのオリジナルストーリーはあるのかどうかも気になりますね。

ドラマのネタバレ情報がわかりましたら追記していきますね!

 

あらすじも原作から紹介!

卒業タイムリミットの原作は辻堂ゆめさんの小説です。

原作からあらすじを探ってみました!

 

あらすじも原作から紹介!

高校を休んで不良グループに出入りしていた黒川良樹は、三年生で担任になった伊藤倫太郎に救われ、卒業式を3日後に控えていました。

そんな時、生徒から絶大な人気のある英語教師の水口里紗子が誘拐され、その様子がSNSで公開されるという事件が起こります。

授業もサボりがちで言葉をほとんど交わしたことのない水口のことを思い出そうとしていた黒川のもとに、一通の白い封筒が届きます。

中には「三月四日(月)午後二時、この手紙を受け取った四名の生徒は欅台高校の体育館裏に集合のこと、誘拐の謎を解け、真相は君たちにしか分からない」と書いてありました。

指定された場所に集められたのは黒川の他に、荻生田隼平、小松澪、高畑あやね。

あまり面識がない4人はなぜ選ばれたのかわかりません。

それでも、水口を助けようと協力し行動を共にしていきます。

無事に水口を見つけ出した4人の前に現れたのは、理事長の小菅泰治でした。

自分を救ってくれた恩人の高校教師の「一人一人に居場所を」という理想を掲げた高校を作ろうとしていた小菅理事長。

それなのに「生徒の名誉を傷つけ、生きがいを奪い、将来を閉ざす」教師がいたことが許せない。

教師たちに名誉を傷つけられた小松澪、生きがいを奪われた荻生田隼平、将来を閉ざされた高畑あやね。

欅台高校には告白カードという、自分の悩みや抱えている問題を理事長に対して「告白」するという課題が毎月行われています。

その告白カードに書かれた内容が3人が選ばれた理由でした。

3人の代わりに教師たちを罰することが誘拐事件の動機の一つでもあり、黒川に対しては、罪滅ぼしだという小菅理事長。

実は小菅理事長も高校生の頃は学校へ行かず不良グループに出入りしており、親身になってくれたのが黒川政樹先生。黒川良樹のお父さんです。

黒川政樹は生まれたばかりの良樹を抱えたまま車道に飛び出し亡くなったとされていました。

しかし、抱えていた乳児は小菅理事長が預けたものだと告げられます。

その後、ほとんど会話をしなかった母から事実を聞き出す黒川。

母と会話をするうちに心の整理がついたのか、穏やかな気持ちで卒業式を迎えることができたのでした。

抜粋するとこのようなストーリーでした。

伏線がいくつも張られていて、驚きの連続でした!

とても面白くてあっという間に読み切れてしまいますよ。

興味のある方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 「卒業タイムリミットの最終回ネタバレ犯人は誰?あらすじも原作から紹介!」と題してお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

原作あらすじから最終回ネタバレと犯人を考察しましたが、おそらくドラマも同じ流れになるのではないでしょうか。

ドラマだけのオリジナルストーリーにも期待しちゃいますね!

2022年4月から放送予定のNHKの夜ドラ第1弾「卒業タイムリミット」。

ぜひご覧になってみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。