MENU
映画

ノイズ(映画)猪狩島のロケ地は知多半島どこ?撮影場所や目撃情報も調査

ノイズ(映画)猪狩島のロケ地は知多半島どこ?撮影場所や目撃情報も調査
Pocket

2022年1月28日より公開予定の映画「ノイズ」。

物語の舞台は猪狩島。

そのロケ地に選ばれたのは知多半島です。

数多くの映画やアニメの舞台となったロケ地として有名ですよね。

「撮影場所は知多半島のどこ?」

「目撃情報はある?」

撮影場所や目撃情報、とても気になりますよね。

今回は「ノイズ(映画)猪狩島のロケ地は知多半島どこ?撮影場所や目撃情報も調査」と題してお届けしていきます。

最後までお楽しみくださいね。

 

ノイズ(映画)猪狩島のロケ地は知多半島どこ?

2022年1月28日より公開予定の映画「ノイズ」。

2020年10月から11月にかけて愛知県の全面協力の下、知多半島で撮影されたようです。

さっそく調査していきましょう!

まずは映画「ノイズ」がどんなストーリーなのかご紹介します。

 

「ノイズ」ってどんな映画?

映画「ノイズ」は鬼才・筒井哲也さんの同名漫画が原作となっています。

藤原竜也さん、松山ケンイチさんW主演の新感覚サスペンスです。

それではあらすじをご紹介しますね。

過疎化に苦しむ猪狩島。

そこで農園を営む泉圭太(藤原竜也さん)が生産を始めた「黒イチジク」。

人気が出て高く評価され、地方創生推進特別交付金5億円が内定しました。

島に明るい希望の兆しが見え始めます。

そんな中、突然現れた不気味な男に家族を狙われた圭太。

親友の田辺純(松山ケンイチさん)、新米警察官の守屋真一郎(神木隆之介さん)と共に誤ってその男を殺してしまいます。

島の未来と大切な家族のために死体を隠蔽することを決意する3人。

誰も追ってこないだろうと思っていた矢先、足取りを追う刑事(永瀬正敏さん)らが大挙して島に押し寄せます。

不気味な男の正体は、出所したばかりの凶悪犯・小御坂睦雄(渡辺大知さん)だったのです。

執拗な捜査を繰り返す県警の包囲網に追い詰められる圭太たち。

やがてその攻防は島民たちにも広がり、島の日常が狂い始めていきます。

一滴のノイズ(凶悪犯)の出現で殺人の共犯になってしまった3人の命懸けの死体隠し。

極限の新感覚サスペンスとなっています。

神木隆之介さん、黒木華さん、永瀬正敏さんなど演技派俳優がずらりと名を連ねています!

 

 

Twitterには緊迫感溢れる声がたくさん寄せられています。

衝撃の連続でかなりドキドキ・ヒリヒリしそうですね。

期待が高まります!

 

ロケ地は知多半島のどこ?

映画「ノイズ」の舞台は原作と異なり、孤島の猪狩島になっています。

原作では名古屋から2時間ほどの限界集落の猪狩町が舞台なんですよね。

限界集落という点は同じのようです。

警察の捜査能力と移動の制約という点が変更になった理由だそうです。

 

 

海や山が近く、島のような場所でイチジクが栽培されている・・・

そういった理由から知多半島が選ばれました。

撮影は南知多地域の全面協力のもとで行われたようです。


漁港、街並みを調査しましたが、場所の特定が出来ませんでした。

引き続き調査し、情報が入りましたらお届けしたいと思います!

 

撮影場所や目撃情報も調査

撮影場所や目撃情報を調べましたが・・・

残念ながらまだわかりませんでした。

こちらも引き続き調査し、情報が入りましたらお伝えしていきますね!

 

まとめ

「ノイズ(映画)猪狩島のロケ地は知多半島どこ?撮影場所や目撃情報も調査」と題してお届けしました。

いかがでしたでしょうか?

豪華キャストの熾烈な演技合戦に目が離せなくなること請け合いです!

原作と異なる舞台の猪狩島、そしてラストも異なるようですので漫画との違いも楽しめそうです。

またロケ地となった知多半島、とても素敵なところですよね。

ロケ地巡りをしてみたくなりました!

今回わからなかった撮影場所、目撃情報については引き続き調査してまいります!

情報が入りましたらお届けしますので、お楽しみに!

2022年1月28日より公開予定の映画「ノイズ」。

ぜひ映画館に足を運び、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。