映画

竜とそばかすの姫は高知県鏡川が聖地!高校の場所どこ?

竜とそばかすの姫は高知県鏡川が聖地!高校の場所どこ?
Pocket

「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」などこれまでも様々なアニメーション映画のヒット作を生み出してきた細田守監督。

その細田守監督の最新作「竜とそばかすの姫」が2021年7月16日に公開となります。

これまでも細田監督は現実にある場所を映画の舞台として描いてきましたが、最新作「竜とそばかすの姫」は高知県にある鏡川が舞台になっているとか。

主人公が高知県鏡川の近くで暮らし、周辺の高校に通っているという設定だそうです。

主人公が通う高校は実際に存在する高校なのでしょうか?

その高校の場所はいったいどこなのでしょう?

調査してみましたよ!

 

竜とそばかすの姫は高知県鏡川が聖地!

映画「竜とそばかすの姫」はどんな映画なのでしょうか?

聖地について調べる前に、まずはあらすじや登場人物から見ていきましょう。

 

竜とそばかすの姫ってどんな映画?

まずは「竜とそばかすの姫」のあらすじをご紹介していきます。

 

主人公のすずは高知県で暮らす17歳の女子高生。

幼い頃に事故で母親を亡くし、父と二人暮らしだ。

小さい頃は歌うことが大好きだったすずだったが、母親の死から歌うことができないでいる。

曲を作ることだけが今のすずの楽しみだった。

ある日すずは親友に誘われて、全世界50億人が集まるネット上の仮想世界U(ユー)に参加する。

歌が歌えなかったはずのすずだったが、Uの世界のAsと呼ばれるアバター「ベル」としては歌うことができた。

Uの世界で「ベル」は瞬く間に人気の歌姫になる。

ベルのコンサートの日、突然謎の存在である「竜」が乗り込んできて、コンサートはめちゃくちゃになってしまう。

Uの世界の秩序を乱す竜を捕まえようと躍起になるUの住人たち。

そんな中、ベルは竜の抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づき、竜もベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。

正義という名のもとに、Asたちは竜を執拗に追いかけ、ついには現実世界にも波及して、ふたつの世界から竜を排除しようとする。

ベルは現実世界の竜を探し出し、救いたいと願うのだが・・・。

仮想世界Uと現実がひとつになるとき、奇跡が起こる。

参考:https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/story/

 

公式サイトには、「もうひとつの現実、もうひとりの自分。もう、ひとりじゃない」とあります。

孤独を抱えたすずと竜がお互いを思い合うことで、孤独を癒していくストーリーなのでしょうか。

メインキャラクターの声優さんも見ていきましょう。

 

 

どうやらすず(ベル)と竜の声優さんはまだ未発表のようですね。

広瀬すずさんではないかと予想する声も。

成田凌さん、染谷将太さん、玉城ティナさん、YOASOBIのボーカル幾田りらさんの出演は決まっているようです。

主役ふたりのキャスト情報が分かりましたら、また追記しますね!

 

高知県鏡川が聖地!

映画「竜とそばかすの姫」は高知県鏡川が舞台となっています。

細田監督によると、川のある土地を舞台にしようと思い、高知県の鏡川と仁淀川を物語の舞台に選んだのだそう。

川は美しく流れているだけではなく生と死が同時に存在している。

そう語る細田監督のイメージが高知県鏡川と仁淀川にぴったり当てはまったようです。

それでは、現在公開されているビジュアルを見てみましょう!

 

 

本当にそっくりそのまま描かれていますね!

 

 

どうやらこの川は仁淀川(によどがわ)、橋はそこにかかる浅尾沈下橋という橋で、高知県高岡郡越知町鎌井田というところにあるようです!

すずの家はこの辺りということになります。

 

 

こちらは高知市内にある鏡川だそう。

沈下橋に引き続き、まるで写真のようにそのままの風景です。

 

 

水面が鏡のようになることから名付けられたという鏡川。

とても美しい川のようですね。

 

高校の場所どこ?

 

ここまで似ているとすずの高校が実在するのか気になりますよね!

制服の感じが学芸高校っぽいという声がありますが、どこなのでしょうか?

さっそく調査していきましょう。

 

高校のモデルは実在する?高校の場所どこ?

まずは情報を整理してみましょう。

 

 

すずが住んでいるとされる超知町にある仁淀川と高知市内の鏡川は、車で1時間ほどの距離があります。

すずは電車通学なのでしょうか?

 

 

すずはJR四国の土讃線のキハ32という気動車に乗って高校へ通学しているようですね。

鏡川のほうに制服姿のすずが映っていることからも、すずの高校は高知市内にありそうです。

つまり、すずは仁淀川のある越知町の自宅から、JR土讃線に乗り、鏡川沿いを通学路として高知市内の高校に通学していることが分かります!

Googleマップで見てみますと、鏡川沿いを通学路として通えそうな高校に、県立高知西高校、高知北高校、土佐高等学校、県立高知工業高校などがありました。

この4つの高校の可能性はとても高そうですね!

また、これらの高校に比べると鏡川から少し離れますが、制服が似ているという情報のあった高知学芸中学高等学校という高校も候補に入りそうです。

こちらでは、もしかして母校では?と気づいた方もいたようです。

 

 

映画の中に出てくる校舎が出身高校に似ているとのこと。

本当にそっくりですね!!

 

 

どうやら都立のようですね。

 

想像以上に西校、とあります。

まとめると、都立西高校ということになるのでしょうか?!

調べてみると、都立西高校の吹奏楽部はコンクールなどで賞を取る強豪のようで、

映画にも吹奏楽部が出てくることから、モデルになった可能性はとても高そうですね!

 

 

 まとめ

竜とそばかすの姫は高知県鏡川が聖地!高校の場所どこ?と題してお届けしましたが、いかがだったでしょうか?

高知県の仁淀川や鏡川など実際の風景がそのまま映画の中で使われていることが分かりましたね!

また、主人公すずが通う高校の場所は、ストーリー上は鏡川近くにある5つの高校の可能性があることまで絞れました。

しかし実際にアニメのモデルとなっている校舎は高知県ではなく東京都にある都立西高校のようでしたね。

また新たな情報が分かりましたら追記していきますね。

美しい四国の風景が描かれる「竜とそばかすの姫」、今から公開が待ちきれないですね!