MENU
映画

先生私の隣に座って(わたとな)ネタバレ結末ラストは?原作と映画の違いも調査

先生私の隣に座って(わたとな)ネタバレ結末ラストは?原作と映画の違いも調査
Pocket

2021年9月10日に映画「わたとな」こと「先生私の隣に座っていただけませんか?」が公開されます。

本作品は「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018(TCP)」で準グランプリを受賞した堀江貴大さんの企画が原作となっています。

TCPとは、ツタヤが主催する映像クリエイター発掘プログラムのことです。

映画と原作に違いはあるのでしょうか?

また、「わたとな」のネタバレや結末、ラストの情報はあるのでしょうか?

映画「先生私の隣に座ってくれませんか?(わたとな)ネタバレ結末ラストは?原作と映画の違いも調査!と題してお届けします。

 

先生私の隣に座って(わたとな)ネタバレ結末ラストは?


ネタバレや結末、ラストを調査する前に「わたとな」がどんな映画なのか見ていきましょう。

 

先生私の隣に座っていただけませんか(わたとな)ってどんな映画?

「先生、私の隣に座っていただけませんか?」はどんな映画なのでしょうか。

あらすじをご紹介します。

以下、公式サイトにあるあらすじです。

 

漫画家・佐和子の新作漫画のテーマは・・・「不倫」

そこには、自分たちとよく似た夫婦の姿が描かれ、佐和子の担当編集者・千佳と不倫をしていた俊夫は、「もしかしたらバレたかもしれない!」と精神的に追い詰められていく。

さらに物語は、佐和子と自動車教習所の若い先生との淡い恋へ急展開。

この漫画は、完全な創作?ただの妄想?それとも俊夫の不貞に対する、佐和子流の復讐なのか!?

恐怖と嫉妬に震える俊夫は、やがて現実と漫画の境界が曖昧になっていく・・

https://www.phantom-film.com/watatona/

 

 

黒木華さん演じる主人公の早川佐和子は漫画家です。

夫の早川敏夫(柄本佑)は佐和子の担当編集者・桜田千佳(奈緒)と不倫をしています。

そんな中、佐和子は「不倫」がテーマの新作漫画を描き始めます。

自分たちとよく似た夫婦が登場し、不倫がバレているのではないかと俊夫と千佳は戦々恐々とします。

漫画はさらに、佐和子に似た主人公が自動車教習所の若い先生との恋へと展開していきます。

果たしてこれは現実に起きている佐和子の復讐なのでしょうか?それとも完全なる創作なのでしょうか?

嘘か現実か、視聴者も最後まで分からないスリルある展開に、重すぎないコミカルなタッチで不倫が描かれた新感覚の映画となっています。

 

ネタバレ結末ラストは?

映画のネタバレや結末・ラストは分かっているのでしょうか?

調べてみました。

 

 

どうやら映画「先生、私の隣に座っていただけませんか」は、メディア「Fan’s Voice」主催の最速シークレットオンライン試写会がすでに行われたようです。

試写会に参加した方の情報から、映画のネタバレラストを調査してみました。

映画「先生、私の隣に座っていただけませんか」のネタバレ、ラスト結末は以下になります。

 

佐和子は連載漫画の最終稿を仕上げた夜、駐車場で夫の俊夫と担当編集者の千佳がキスをしているところを見てしまいます。

その後、佐和子の母親が事故にあったという連絡を受け、佐和子と俊夫は佐和子の母親と同居するため田舎へ引っ越すことになりました。

田舎暮らしで車が必要となった佐和子は自動車教習所へ通い始めます。

また同じ時、「不倫」をテーマにした新作漫画を描き始めるのでした。

その漫画の原稿を読んだ俊夫は、自分たち夫婦そっくりに描かれていたため、不倫がバレているのではないかと戦々恐々とします。

また、漫画には佐和子に似た主人公と教習所の若い教官との恋が描かれており、嫉妬した俊夫は佐和子の後をつけて教習所へ行きますが、二人にそんな様子はありません。

佐和子に漫画の内容は真実なのかと聞く俊夫ですが、「では俊夫の不倫も真実なの?」と返され、「不倫はしていない」と答える俊夫でした。

 

 

無事に免許を取得した佐和子はドライブに行くと言って出かけていきますが、朝になっても帰ってきません。

すると家に漫画原稿のファックスが届き、その内容は教習所の講師・新谷と佐和子が駆け落ちしてホテルへ行くという内容でした。

俊夫は驚いて全ての状況を千佳に話し、千佳を田舎に呼び寄せます。

佐和子の母に不倫関係にあることを気づかれないように装う俊夫と千佳でしたが、佐和子の母はふたりの会話をこっそり聞いているのでした。

すると同じタイミングで佐和子が運転する車で新谷と佐和子が家に帰ってきます。

漫画と現実が同じように展開している真実に興奮する千佳。

家に帰ってきた佐和子は漫画を描くと言って部屋にこもってしまいます。

仕方なく母親と俊夫、千佳、新谷の4人で食事をすることに。

新谷に対して苛立ちを隠せない俊夫に、新谷は自分と佐和子はそんな関係ではないと説明します。

全て誤解だったと知った俊夫は、佐和子と再構築するため、漫画を描く佐和子の元へ。

 

 

ちょうど佐和子は漫画の中で俊夫が「不倫はしていない」と言ったシーンを描いているところでした。

俊夫はそれを見て、「不倫はしていない」という台詞を消しゴムで消して、不倫を認める台詞を書き込みます。

しかし、「もう遅い」と言って佐和子は俊夫を平手打ちにします。

・・・しかしここまでは実は漫画の内容でした。

その漫画の内容を見た俊夫は、近いうちに東京に帰ろうと佐和子に言います。

佐和子は俊夫に「先生、隣に座っていただけませんか?」というと、漫画のペン入れを俊夫に手伝ってもらい、ふたりで朝まで漫画を描き続けるのでした。

(俊夫も昔、漫画を書いていたのですが、今は描かなくなっていました。)

翌朝目覚めてみると、佐和子の姿はありませんでした。

そこへまたFAXで漫画の原稿が届きます。

そこには、朝、母親に見送られながら新谷と共に家を出て行く佐和子が描かれていました。

「今後も連載を送るからペン入れを手伝って欲しい」というメッセージとともに。

ネタバレあらすじを見ても、佐和子の描く内容が現実なのか漫画のことなのかは分かりませんでした。

そこは視聴者に考えてもらいたいというラストになるようですね!

 

原作と映画の違いも調査

「先生、私の隣に座ってくれませんか?」 は映画と原作に違いがあるのでしょうか?

こちらも調べてみましたよ。

 

先生私の隣に座っていただけませんか(わたとな)原作は?

前述しましたように、「先生、私の隣に座っていただけませんか?」の原作は、 TCPという若手映像クリエイター発掘事業で準グランプリに輝いた堀江貴大さんの作品です。

TCPは映画の企画を募集しているのですが、2次審査ではその企画の脚本を提出、面接を経て、最終審査は企画のプレゼンをするという流れのようです。

堀江さんが準グランプリをとった2008年は670人の応募があり、ファイナリストは7名でした。

アマプロ問わないという選考内容でしたが、応募者のほとんどはすでに映画監督として実績のある人だということです。

堀江さんは東京芸大映像研究科を卒業後、映画「はなくじらちち」や「ANIMAを撃て!」などを監督。

テレビ東京のドラマ「高嶺の花さん」などの監督もされています。

 

 

堀江さんは今作品の応募にあたり、締め切り一週間前まで何も書けないでいたそう。

そのとき、たまたまコンビニで目にした週刊誌で不倫マンガを見て、「不倫」を題材に選んだそうです。

またマンガ家の話を書きたいという思い、そして今回考えていた「主婦と教習所の先生が教習車で駆け落ちする」という話を掛け合わせて本作を一気に書き上げたそう。

また、ドロドロしたものやシリアスな不倫モノではなく、どこか笑ってしまうような作品が作りたかったそうです。

新進気鋭の監督であり映像作家の堀江貴大さんの企画がどのように映像化されたのか、とても楽しみですね!

 

原作と映画の違いも調査

コンペに提出された企画内容を知ることはできなかったので 、具体的に原作(企画原案)と映画本編に違いがあるかどうかはわかりませんでした。

しかし、映画の監督・脚本は堀江貴大さんご本人ですので、企画原案と映画本作に大きな違いはないと考えて良いのではないでしょうか。

ここからは映画「わたとな」シークレット試写会を見た方々の評判や感想をまとめてみました!

 

 

コメディで終わるのかホラーで終わるのか分からず、最後まで面白かったとあります。

やはり最後の最後まで真実が分からない構成なのですね。

 

 

自分が不倫しているくせに、妻の不倫疑惑に嫉妬する俊夫。

堀江監督自身も、そんな人間らしい俊夫の姿をコミカルに描きたいと述べられています。

 

 

目が離せない展開で、爽快に騙され、最後の最後まで面白かったという意見がたくさんありました!

 

まとめ

「先生私の隣に座っていただけませんか?(わたとな)ネタバレ結末ラストは?原作と映画の違いも調査」と題してお届けしましたが、いかがだったでしょうか?

オンライン試写会ですでに映画をご覧になった方の情報から、映画のネタバレ結末ラストは分かりましたね。

佐和子の不倫の真偽は見た人の想像に任せるというラストのようでした。

原作は監督・脚本を務める堀江貴大さんがTCPという映画企画コンペで準グランプリをとった作品でした。

ご本人が企画、脚本を書き、映画を撮られているので、コンペ企画(原作)と本編であまり違いはないのではないかと予想します。

映画「先生私の隣に座っていただけませんか?」の結末については実際に映画を見て考えてみたいですね!

「わたとな」の公開が今からとっても楽しみです。