トレンド

加納慎太郎の高校や中学校どこ?障害の理由は高1の交通事故?

加納慎太郎の高校や中学校どこ?障害の理由は高1の交通事故?
Pocket

東京パラリンピック、フェンシングの日本代表・加納慎太郎選手。

加納慎太郎選手の高校や中学校がどこなのか?リサーチしていきます!

また、加納慎太郎選手の障害の理由は高1の交通事故?

「加納慎太郎の高校や中学校どこ?障害の理由は高1の交通事故?」と題してお届けしていきます。

 

加納慎太郎の高校や中学校どこ?

イケメンと評判の東京パラリンピック車椅子フェンシング代表・加納慎太郎選手!

出身高校や中学がとっても気になりますよね。

加納慎太郎選手を詳しく知るために、先ずはプロフィールからご紹介します。

 

加納慎太郎選手のプロフィール

気になる加納慎太郎選手のプロフィールは、以下の通りです。

加納慎太郎選手のプロフィール

生年月日:1985年3月2日

出身地:福岡県福岡市

所属:ヤフー株式会社

影響を受けた言葉:「自分との戦いに勝った者が本当の強者になれる」(フン・イン・キィ現日本代表コーチ)

加納選手が尊敬しているコーチの言葉に影響を受けていますね。

先ずは自分との戦いに勝つという言葉、加納選手の人柄が現れています。

 

加納選手は、父親の影響で小学生の頃から剣道をやっていました。

以前「理想の男性像は父親」と語っていた加納選手。

今は進む道は違いますが、お父様を目標に競技に打ち込んでいるんですね。

 

 

東京パラリンピックを見て、貴公子・加納慎太郎選手のファンが急増しそうですね!

 

加納慎太郎選手の高校や中学どこ?

調査の結果、加納慎太郎選手の出身中学校は、福岡県福岡市立姪浜中学校だと分かりました。

加納慎太郎選手は、福岡市の出身ですので市内の中学校に通っていたのでしょう。

現在の姪浜中学校は、市内有数のマンモス校となっています。

 

加納慎太郎選手の出身高校を調査しましたが、情報がありませんでした。

引き続き調査して、分かり次第お知らせします。

どうぞお楽しみに!

 

 

福岡県の皆さんも全力応援しています!

 

障害の理由は高1の交通事故?

加納慎太郎選手の障害の原因は、何だったのでしょうか?

 

障害の理由は高1の交通事故?

16歳のときの単独バイク事故です。

16歳と言えば、キラキラした青春真っ只中。

人生これからという時に、事故で左足のひざから下を失ってしまいます。

しばらくはショックで涙が止まらなかったそうです。

加納選手の身体的、精神的苦痛を思うと胸が痛みますね。

しかし、リハビリも兼ねて義足になってからも剣道を続けます。

2013年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決まったときに「もし、自分が東京大会に出場するなら……」と考えたそうです。

そこで加納選手は、フェンシングに出会います。

剣道とは同じ剣を使う競技ということで共通点があると考えたみたいですね。

前向きなチャレンジ精神に頭がさがります。

東京パラリンピックをきっかけにフェンシングを始めるところも凄いですが、目標を達成して本当にパラリンピックに出場するところも素晴らしいです!

加納選手は、体格差のある海外の選手と戦うためにスピードに磨きをかけているそうです。

ここにも相手の一瞬のスキを見逃さない、剣道の感覚が活かされているのでしょうか。

 

加納選手は、大手IT企業ヤフーで働きながらフェンシングの練習を重ねています。

「競技者である前に社会人としての自分を磨き成長したい」という考えをもっています。

プロフィールでご紹介した、影響を受けた言葉にも通じる考え方ですね。

自分を磨き、自分に勝つ、どんな困難に遭っても負けない加納選手!尊敬します。

さらに、加納選手は積極的に体験会や講演会で子供たちに車椅子フェンシングの魅力を伝えています。

 

 

子供たちへたくさんいい影響を与えそうですね。

 

 

パラリンピックで加納慎太郎選手を応援しましょう!

 

まとめ

加納慎太郎の高校や中学校どこ?障害の理由は高1の交通事故?と題してお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

加納慎太郎選手の出身中学校は、福岡県福岡市姪浜中学校でした。

出身高校は調査しましたが、出てきませんでした。

引き続き調査して、分かり次第お知らせいたします。

加納選手の障害の理由は、高校1年生のときの交通事故でした。

しかし子供の頃から剣道を習っていたこともあり、2020東京パラリンピックの開催決定をきっかけにフェンシングを始めます。

社会人アスリートとなって仕事をしながら練習を積み、東京パラリンピックへ出場します。

パラリンピックで加納慎太郎選手を応援しましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。