トレンド

国枝慎吾は歩けるって本当?足に障害があるの?

国枝慎吾は歩けるって本当?足に障害があるの?
Pocket

東京パラリンピック、テニスの日本代表選手・国枝慎吾選手。

国枝慎吾選手は車椅子テニスの選手ではありますが、実は「歩ける」との噂があるそうなんです。

国枝慎吾選手は歩けるって本当?足に障害があるの?

国枝慎吾は歩けるって本当?足に障害があるの?と題してお届けしていきます。

 

国枝慎吾は歩けるって本当?

東京パラリンピック男子車椅子テニスに出場する国枝慎吾選手。

皆さんご存知のように、日本が誇る男子車椅子テニスの第一人者ですね!

そんな国枝慎吾選手が「歩ける」という噂が…とっても気になります。

はじめに国枝慎吾選手について詳しく知るために、プロフィールを見ていきましょう。

 

国枝慎吾選手のプロフィール

気になる国枝慎吾選手のプロフィールは、以下の通りです。

国枝慎吾選手のプロフィール

生年月日:1984年2月21日

出身地:東京都

利き手:右

身長:173cm

体重:62㎏

血液型:O型

趣味:ビリヤード

好きな食べ物:お寿司

国枝慎吾選手は、9歳の頃に脊椎腫瘍が原因で下半身麻痺のため車椅子生活となります。

小学校6年生のときに、母親のすすめでテニスを始めました。

高校1年生で、初めて海外遠征を経験。

17歳から、現在のコーチでもある丸山コーチについて本格的にテニスに取り組みます。

 

 

世界のトッププレーヤーからも尊敬を集める国枝慎吾選手。

17歳からの長いキャリアのなかで、常に努力し進化を続けているのですね!

 

国枝慎吾選手のキャリアは?

ここで国枝慎吾選手の輝かしい成績の数々を簡単にご紹介します。

四大大会優勝回数・シングルス24回(豪10仏7米7)

四大大会優勝回数・ダブルス21回(豪8仏8英3米2)

自己最高ランキング・シングルス1位

自己最高ランキング・ダブルス1位

パラリンピック獲得メダル・シングルス2(金2)

パラリンピック獲得メダル・ダブルス3(金1銅2)

四大大会でシングルス・ダブルス合わせて45回の優勝は、歴代最多です。

年間世界最終ランキングでは1位を8回獲得しています。

このように絶対王者・国枝慎吾選手ですが、決して順風満帆な競技人生だったわけではありません。

2012年に一度手術をしている右ひじの痛みに、2015年秋頃から再び苦しみます。

 

2016年4月に右ひじのクリーニング手術を受けました。

2016年11月から半年間の休養をとり、その年の最終ランキングは10位で終わります。

 

2017年から1年間フォームの改造に取り組みます。

そのかいがあって、2018年から復調し再び結果が出始めました!

 

東京パラリンピックでは実力を全て出し切って、国枝選手自身が納得のいくプレーをしてもらいたいですね!

 

歩けるってホント?

国枝選手は、2009年~2010年に脊椎損傷者専門のトレーニングジムにてリハビリ、歩行訓練を受け、その成果をテレビで披露しました。

そのとき実際に歩いたのは14歩でした。

9歳のときから車椅子生活になった国枝選手は、想像もできないような努力を積み重ねついに成果をだしたのです!

「常にチャレンジ」をモットーに、諦めずに努力を重ねた国枝選手。

素晴らしいですね!尊敬します。

 

 

国枝選手の歩いたときの映像に感動の声が集まっています。

 

足に障害があるの?

続いては、国枝慎吾選手の障害がどんなものなのか、調べていきます。

 

国枝慎吾は足に障害があるの?

先にお伝えしたように、国枝選手は9歳のときの病気が原因で車椅子生活になります。

その病気とは脊椎腫瘍です。

足に障害があるというよりは、下半身麻痺により歩けなくなってしまったということでしょう。

しかし、国枝選手は病気に負けず将来を悲観することなく、明るく活発な少年時代を過ごしました。

テニスを始める前はバスケットボールが好きで、学校の友達とバスケットボールをするうちに車椅子の操作を身に付けたそうですよ。

国枝慎吾選手は9歳で車椅子生活になってから、17年間は1度も自分の足で歩いたことがありませんでした。

苦しいリハビリを乗り越えて、自分の足で立ち上がり歩行を可能にした国枝選手。

アスリートとして身体能力もさることながら、やはり強い精神力の持ち主ですね!

 

まとめ

国枝慎吾は歩けるって本当?足に障害があるの?と題してお届けしていきましたが、いかがでしたでしょうか?

国枝慎吾選手は、9歳のときの病気が原因で下半身麻痺のため車椅子生活になりました。

正確には足に障害があるというよりは、脊椎腫瘍が原因の下半身麻痺により歩けなくなったのです。

しかし少年時代から明るく活発だった国枝選手。

11歳からテニスを始めます。

その後17年間一度も自分の足で歩くことはできませんでした。

しかし、専門的なリハビリと訓練を受け短い距離を歩けるようになります。

決して楽な道のりではなかったでしょうが、国枝選手ならではの強い精神力と努力で成しとげました。

パラリンピックでは、日本選手団の主将を務める国枝選手。

今後の活躍に期待しましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。