映画

軍艦少年(映画)キャスト相関図一覧を紹介!実写化にファンの声は?

軍艦少年(映画)キャスト相関図一覧を紹介!実写化にファンの声は?
Pocket

12月10日公開予定の映画『軍艦少年』

早くも注目を集めていますよね。

『軍艦少年(映画)』キャスト相関図一覧が気になる!

漫画を実写映画化したけど、原作のファンの声は?

そこで今回は「軍艦少年(映画)キャスト相関図一覧を紹介!実写化にファンの声は?」と題してお届けしていきます。

どうぞ最後までお楽しみください!

 

軍艦少年(映画)キャスト相関図一覧を紹介!

12月10日公開予定の映画『軍艦少年』について詳しくご紹介していきます。

まずは、どんな映画なのか?あらすじからご覧ください。

 

軍艦少年ってどんな映画?

映画『軍艦少年』は、大人気コミックを実写映画化した作品です。

原作者は有名なヤンキー漫画のカリスマ、柳内大樹さん。

そんな柳内さんが描いた漫画『軍艦少年』も、もちろんアツい青春漫画となっていますよ。

映画『軍艦少年』の監督を務めたのは『おっさんずラブ』『あのときキスしておけば』の演出で有名なマルチクリエイターのYuki Saitoさんです。

映画『軍艦少年』は、2015年に世界文化遺産に登録された長崎県の軍艦島でロケを行ったことでも話題に!

映画では、美しくも独特な軍艦島の景色も見どころですね。

それではここから映画『軍艦少年』のあらすじをご紹介していきます。

主人公は高校生・坂本海星(佐藤寛太さん)

海星は母を亡くし、ラーメン店を営む父・坂本玄海(加藤雅也さん)と二人暮らしです。

最愛の母を亡くし喪失感を抱える海星は満たされない思いから、気性が荒くケンカばかりしています。

一方父親・玄海も妻を亡くしたショックから、酒におぼれる日々を過ごしていました。

二人はお互いを受け入れず、いがみ合っています。

そんなある日、海星は父と母が生まれた軍艦島に二人の大切なものがあることを知ります。

玄海は妻の仏壇に一通の知らない手紙があることに気付き……

大切な人を失った親子の救済と再生の物語です。

 

 

軍艦島に立つ海星!かっこいいですね。

 

キャスト相関図一覧を紹介!

ここからは、主要キャストをご紹介します。

相関図一覧については、調査しましたがまだ公表されていませんでした。

相関図一覧が公表され次第、こちらに追記しておきますね。

どうぞお楽しみに!

 

坂本海星役:佐藤寛太さん

主人公の男子高校生を演じるのは、劇団EXILE所属の佐藤寛太さん。

原作をしっかりと読んで、撮影に臨んだそうです。

 

 

海星役の金髪と全然イメージが違いますね、どちらも似合っています。

 

坂本玄海役:加藤雅也さん

妻を亡くし失意のどん底にある父親を加藤雅也さんが演じます。

ベテラン俳優加藤雅也さんは、監督や他のキャストとの共演経験が豊富、すんなり撮影に入ったようです。

 

 

加藤雅也さんは渋い魅力がありますよね、海が似合います。

 

坂本小百合役:大塚寧々さん

愛する夫と息子を残して亡くなってしまう妻を大塚寧々さんが演じました。

とても辛い役ですが、夫役の加藤雅也さんと話し合いながら「小百合」を作り上げていったそうです。

 

 

結役:山口まゆさん 純役:濱田龍臣

海星の同級生、純と結を演じるのは濱田龍臣さんと山口まゆさん。

海星を含めて三角関係っぽい関係に?

気になりますよね!

映画『軍艦少年』のキャストは、若手とベテランのバランスが絶妙ですね。

 

実写化にファンの声は?

『軍艦少年』は、お伝えしたように人気の漫画作品です。

原作のファンもたくさんいますよね。

実写映画化に原作のファンの反応は?さっそく調査していきます。

 

実写化にファンの声は?

原作漫画の『軍艦少年』はアツい漫画だけあって、アツいファンが大勢います。

漫画ファンは、実写化を好意的に受け入れているようです。

 

 

Twitterには、実写化を喜ぶ声や主演の佐藤寛太さんに期待する声が集まっていました。

 

まとめ

今回は「軍艦少年(映画)キャスト相関図一覧を紹介!実写化にファンの声は?」と題してお届けしてきました。

『軍艦少年(映画)』のキャスト相関図一覧は、まだ公表されていませんでした。

公表され次第、こちらに追記しておきますね。

どうぞお楽しみに!

主要キャストは発表になっています。

主人公の男子高校生・坂本海星を佐藤寛太さん、主人公の父・ラーメン店を営む坂本玄海を加藤雅也さんが演じます。

『軍艦少年(映画)』は、大人気漫画が原作となっています。

実写映画化で原作のファンの声は?

「心配している」という声は少なく、「期待している」という声が多数でした。

軍艦島でロケを行うなど、見どころいっぱいの映画です。

原作を読んだことがある方も、ない方も映画館で『軍艦少年』をお楽しみください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。